ドル円仲値決め前後の値動き 2013/5/27週

7週目です。ドル円仲値決め前後の動きの癖を利用して、HIGH LOW MAJORで確実に利益を得ることができるかどうか、実践しながら検証しています。具体的には、判定時刻9:50のオプションの買い、10:00の売りで勝つことを目標にしています。この相場分析は、HIGH LOW MAJORが無くなるまでは継続しようと思っています。

5月27日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130527.jpg
この日は、前週からの101円の攻防を引き継いで9時台を迎えました。
☆9:50買い
9:40台前半は遅行スパン、雲ともに陰転、ボリバンも下向きで見送りパターンでした。結果的には、9:41~9:44が戻り高値となっており、リスク覚悟でエントリーすれば勝てていました。
☆10:00売り
9:50~9:55にかけて下げましたが、101円の攻防の最中であり、いつ上昇に転じるか予測不能な状況でしたので、見送りました。また、ルール上は長い陰線が出たら諦めることにしていますので、9:50、9:52の陰線が諦め理由となりました。結果はギリギリエントリーすれば、時間の綾で勝てています。

5月28日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130528.jpg
この日は9:01から急騰し、9時台後半は様子見相場となったためトレードしませんでした。先週木曜日と同じパターンです。
5月27日のドル円30分足です。
20130528m30.jpg
最後から4本目の大陽線が9:00のロウソクです。前日の朝と夜の高値を起点に売っていたポジションが一斉に損切りとなったようです。

5月29日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130529.jpg
この日は8時台は上昇トレンドでしたが、9時始値をピークに下落トレンドに変わりました。
☆9:50買い
遅行スパン・雲ともに陰転中でしたので見送りパターンでした。しかし、26期間の遅行スパンと実態ロウソクの動きが同期していたことを根拠に、9:43ごろにエントリーしても良かったかもしれません。
☆10:00売り
9:50以降ボリバンは上下ともに縮小方向で、上値下値ともに抑えられる展開でエントリーすべきかどうか難しい状況でした。9:58の上昇は予測不能で、ルール通りに9:53、9:54の高値を狙ってエントリーすると負けています。

5月30日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130530.jpg
この日は8時台後半からの下落の流れの中で9時台を迎えました。9:05には重要サポートラインとなっていた前週安値を割り込みましたが、結局、値を戻してサポートされたことが好感されたようで、9時後半は一方的な上げ相場になりました。
☆9:50買い
9:40以降でエントリーしようとすると、押し目らしいものがなくエントリーできない相場でした。9:30から9:40の間で先行スパン1にタッチしているところで入るべき相場でしたが、締め切り時間までが長いので、リスクを取るかどうかが難しいところです。
☆10:00売り
9:50以降もボリバンが上向きで上昇力の強さを示していましたので見送りでした。

5月31日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130531.jpg
この日は8:55のオセアニア時間の高値から反落する展開で9時を迎えました。
☆9:50買い
雲が陰転中でしたので見送りでした。むしろ、先行スパン2より上で売るべき相場でした。
☆10:00売り
9:47に雲が陽転、9:51に実態ロウソクに絡んでいた26本遅行スパンを上離れし、買いシグナルが点灯しました。その後、9:55直前までの動きをみると、ボリバンが上向きかつ拡大傾向、雲も上向きであったことから見送りとなりました。むしろ、9:51終値時点で買いで入る相場でした。
スポンサーサイト

ドル円仲値決め前後の値動き 2013/5/20週

6週目です。ドル円仲値決め前後の動きの癖を利用して、HIGH LOW MAJORで確実に利益を得ることができるかどうか、実践しながら検証しています。具体的には、判定時刻9:50のオプションの買い、10:00の売りで勝つことを目標にしています。この相場分析は、HIGH LOW MAJORが無くなるまでは継続しようと思っています。

5月20日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130520.jpg
この日は7:00のオープニングで40銭ほど下に窓を開けて始まり、ほぼ横ばいで9時になりました。
☆9:50買い
9:30に一旦雲が無くなり、再び陽転しましたが、9:40以降押し目がなくエントリーできない相場でした。逆に9:45~9:49にかけては深く押しています。
☆10:00売り
9:53:00時点で、ボリバンのアッパーライン、センターラインが上向きで、エントリーは控えた方がよい状況でした。その後、一旦落ちましたが、10:00にかけて反発してきたので、見送りが無難だったと言えます。

5月21日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130521.jpg
この日は昨日から続いた下落調整フラッグを9時から10時にかけてブレイクする展開になりました。
☆9:50買い
9:41:00に先行スパン1にタッチしていましたので、この時点でのエントリーも考えられましたが、高値圏で下落のリスクもあり様子見が賢明な策でした。9:41~9:44はじりじり上がりましたが、高値圏揉み合いの範囲であり、ボリバン+3σが下向きに転じており、上値が伸びないことを示していましたので、見送りとなりました。結果は9:40終値でエントリーしていれば勝てています。
☆10:00売り
9:52、9:53の孝枝付近でのエントリーも考えられましたが、ボリバンが収縮して上昇エネルギーが蓄積されている感じがしたことと、遅行スパンが実態ロウソクに、もうすぐぶつかるタイミングであったため、見送りとしました。結果は遅行スパンが実態ロウソクにぶつかってから2分後には急騰しており、見送りが正解だったことになりました。
5月21日のドル円4時間足です。週初めに縦線を引いています。
20130521h4.jpg
矢印の陽線がこの日の6時の足です。前日に下に窓を開け、そのまま下落調整にはいりましたが、この日の9時から10時にかけてフラッグをブレイクし、上層トレンドに入りました。遅行スパンが実態ロウソクにぶつかってトレンド転換しているのが興味深いところです(関連記事「ドル円は今月中に108円?」参照)。

5月22日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130522.jpg
この日は8:50の指標発表をトリガーに上昇相場になりました。
☆9:50買い
9:27のヒゲかた9:28始値の押し目を拾う以外、エントリーポイントはありませんでしたが、この時点では、9時最初の高値付近でもみ合いに入る可能性もあり、エントリーすべきかどうか微妙でした。9:40に9時台の新高値を付けていますが、ブレイクを根拠にエントリーするのも高値掴みの危険が大きく、結果的に見送りとなりました。リスク覚悟でどちらかでエントリーしておけば勝てた相場でした。
☆10:00売り
9:43以降高値圏で横向きに推移し、かつ、ボリバンセンターライン、先行スパン1が上向きでしたので、見送りとなりました。結果は昨日とよく似ており、9:59に上にブレイクしています。

5月23日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130523.jpg
この日は9時少し前から売り買いが激しく交錯し、9:07から急騰しました。9時台後半は完全に見送り相場となりましたので、トレードは中止しました。
5月23日のドル円15分足です。9:00に縦線を引いています。
20130523m15.jpg
9:07からの急騰は、前夜のNYの下げ相場における戻り高値を起点(上から2番目の横線)とした売りポジションが一気に損切りとなったことが原因です。このラインは、オセアニア時間に2回ブレイクをトライしていますが跳ね返され、3回目でブレイクしました。押し目を付けながら買い上がった相場ではないので調整反落もなく、1時間ぐらい時間調整するしかない相場でした。

5月24日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130524.jpg
この日は上昇トレンドの渦中で9時台を迎えました。
☆9:50買い
9:15の高値の後下げに転じ、9:30を過ぎてから雲、遅行スパンともに陰転しましたので見送りでした。ただ、5分足(後述)を見ると、9:40のローソクが先行スパン2で下支えされており、これを根拠に入ることも考えられましたが、1分足の雲と遅行スパンの転換がほぼ同時で、強力な売りシグナルを示していたことと、ボリバンのすべてのライン、先行スパン1、2のすべてが下向きであったことを考えると、もう一段の下げがあってもおかしくない状況でした。
☆10:00売り
1分足だけで安易に考えると、9:54高値の時点でボリバンはほぼ横向きで若干上に開き気味という程度なので、売りで入ることができました。しかし、9:44以降レートは底堅く推移して安値を切り上げてきていること、5分足で見ると明らかに押し目の底を確認して上昇中であることから見送りとしました。結果は9:55に-2σ付近まで下げたものの、その後は勢いよく上昇しました。
5月24日のドル円5分足です。9:00、10:00に縦線を引いています。
20130524m5.jpg

☆今週の総括
今週は9時台後半にもみ合いとなる相場ばかりでした。このような相場では満足な結果は得にくいので、9時台前半や10時以降で張りやすいタイミングを待つべきです。

ドル円仲値決め前後の値動き 2013/5/13週

5週目です。ドル円仲値決め前後の動きの癖を利用して、HIGH LOW MAJORで確実に利益を得ることができるかどうか、実践しながら検証しています。具体的には、判定時刻9:50のオプションの買い、10:00の売りで勝つことを目標にしています。この相場分析は、HIGH LOW MAJORが無くなるまでは継続しようと思っています。

5月13日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130513.jpg
この日は7:00のオープニングで上に窓を開けてスタートしたのち、8:10過ぎに前週最高値を更新して102円台に突入後、反落しながら9時台を迎えました。
☆9:50買い
雲が陰転中でしたので見送りでした。結果だけ見ると9:42の安値またはギリギリエントリーで勝てていますが、ルールは確実に勝つ(負けない)ために考えているので、この場合は見送りで良しとします。また、オレンジ色のトレンドライン(詳細は後述)で上値を抑えられて三角保ちあいに入っていたことも見送りの理由としてあげられます。
☆10:00売り
ボリバンが横向きでしたので、できるだけ上の方でエントリーするべき相場でした。9:52、9:53のトレンドラインタッチでのエントリーも考えられますが、ボリバン内の位置が低めであることと、9:55に向けてもう一段高くなる可能性を考えて9:54まで待ち、+2σ超えでエントリーするのがベストでした。また、9:54には雲が陽転しているので逆指標狙いもエントリーの根拠となりました。また、トレンドライン内に引き戻そうとする力も期待できました。結果は9:55から下げて-2σに至り、その後、ボリバンの下側かつトレンドライン上でもみ合いになりました。トレンドラインを完全に破ったのは10:01でした。
5月13日のドル円5分足です。7:00、9:00、10:00に縦線を引いています。
20130513m5.jpg
最高値を付けた後、オレンジ色のトレンドラインで上値が抑えられました。トレンドラインブレイク後は、先行スパン2と前週最高値(上から2本目の横線)の間でレンジ相場になりました。この例のように、水平になっている先行スパン2は強力なサポレジになります。逆に斜めになっている先行スパン2のところにレートが来ると、先行スパン2をブレイクしてトレンド転換することが多いです。

5月14日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130514.jpg
この日はNY、オセアニアからの下落トレンドを引き継いだ展開で9時台を迎え、9時台後半は101.50をめぐる攻防戦になりました(詳細は後述)。
☆9:50買い
雲、遅行スパンともに陰転しており、見送りでした。結果は9:49にダブルボトムの2回目の底を付ける展開になりました。9:41:00に先行スパン2付近で折り返しており売りで入るべき相場でした。
☆10:00売り
9:50以降ボリバンが横向きになりましたので、雲が陰転中とはいえ+1σより上で売りたい状況でした。しかし、レートは-1σからセンターラインの間で推移したのでエントリーのチャンスはありませんでした。また、相場がダブルボトム形成中の可能性が高く、これも見送り理由となりました(実際にダブルボトムが完成したのは10時を過ぎてからです)。
5月14日のドル円1時間足です。週初めと当日9:00に縦線を引いています。
20130514h1.jpg
前週に高値を付けた後、相場は前週高値と101円50銭ぐらいの間でレンジを形成していました。この日の9時台は前日からの流れを引き継ぎ、レンジの下限を試す展開でした。結局15銭ほどオーバーシュートしましたが、今現在レンジ下限は守られた形になっています。このチャートでみると先行スパン2がレートを下支えした形になっています。また、井手さんのブログでは101.40辺りが買いとなっていたこととも符合しています。

5月15日のドル円5分足です。9:00、10:00に縦線を引いています。
20130515m5.jpg
5月15日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130515.jpg
この日は最高値(5分足一番上の横線)更新後の下落調整局面の中、9時台に入りました。
☆9:50買い
9:00少し前から横向きの相場になっていましたが、9:44から急落しました。これはレジスタンスとなっていた前週最高値(5分足二番目の横線)を割り込んだためと思われます。1分足での9:40~9:44の状況は、遅行スパンはやや陰転、雲も変な形ですが陰転中でしたので見送りパターンでした。また、5分足、1分足のどちらを見ても高値を切り下げてきており、買える状況ではありませんでした。なお、この例のように、雲の転換が短時間に連続して起こると、最後の転換が売買サインとして有効に機能します。
☆10:00売り
9:53、9:54の高値が雲の中に入り、戻り売りでエントリーする形になりました。この時点では9:55以降もう一度下値を試しに行くように思えたのですが、実際は浅いなべ底になり10:00の終値でエントリー値辺りまで戻ってきました。値が戻るのが1分早ければアウトで、時間に助けられた格好になりました。2番底を付けに行ったのは10:20ごろでした(5分足参照)。

5月16日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130516.jpg
この日は8:50の指標発表で、それまでの下落調整の流れを止める形で一旦上に行きましたが、そこが絶好の戻り売りポイントとなってしまい、9時台前半で急落しました。
☆9:50買い
雲が陰転していましたので見送りでした。結果的には9:40:00ごろにエントリーすれば勝てています。ボリバンロワーラインが上を向いていたので、このとき思い切って買うという戦略もありでしたが、三番底のリスクもあり見送りで良いと思います。
☆10:00売り
雲は陰転中でしたが、9:50~9:54にかけてボリバンが上向きに拡大していましたので、見送りパターンでした。結果的には、9:55で窓を開けた後、9:55~10:00まで横に推移しました。

5月17日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130517.jpg
この日は9時最初に売り買いが交錯しましたが、その後上昇相場になりました。
☆9:50買い
9:28の高値からジリ下げの展開となりました。エントリーポイントは9:41の-2σタッチから9:42始値にかけてでしたが、先行スパン2辺りまで下がって欲しいところでした。締め切り時間後、9:45~47に先行スパン2付近をトライして下値を確認後上昇に転じ、結果としては勝ちトレードとなりましたが、あまり気分の良い勝ち方ではありませんでした。
☆10:00売り
9:47の下値確認後、急騰しました。9:52の終値時点ではレートは+3σを超えており、ボリバンも上下に開いていましたので、到底売りで入るタイミングではありませんでした。しかし、このときから5分足の雲が陽転し始め(下図参照)、逆指標による反落が狙える動きとなってきましたので、レートの伸びが止まるのを待つことになりました。結果としては、9:54で高値を付けた後、陰線形成中にレートが+2σ辺りに来た時にエントリーするのがベストでした。エントリーレートとしては、ルール通りの9:53始値と殆ど同じ(陰線形成中はレートが落ち切っておらず+2σラインは上のチャートよりは高かった)ですが、より安全なトレードを心がけるべきだと思います。
5月17日のドル円5分足です。9:00、10:00に縦線を引いています。
20130517m5.jpg
9:50の長い陽線で雲が陽転して逆指標となったので、9:55と10:00の足でレートが雲に向かって落ちてきました。また、9:30~9:45の足は、雲が陰転中ながら先行スパン2に下支えされているのも興味深いところです。

ドル円仲値決め前後の値動き 2013/5/6週

4週目です。ドル円仲値決め前後の動きの癖を利用して、HIGH LOW MAJORで確実に利益を得ることができるかどうか、実践しながら検証しています。具体的には、判定時刻9:50のオプションの買い、10:00の売りで勝つことを目標にしています。

5月6日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130506.jpg
この日は振り替え休日でした。先週金曜日の雇用統計発表時に急騰、その後の横向きの相場展開を引き継いで見送りムードが強く、動意に欠ける相場になりました。9:50のロウソク足がないため、縦線が1本ありません。朝7時に10銭ぐらい上に窓を開けてスタートして上昇したので、7:30~10:00は窓埋め方向の展開でした。
☆9:50買い
結果だけ見ると、9:40~9;41にエントリーすれば勝てました。もしエントリーするのであれば、9:43の先行スパン2タッチ時に売りで入るべき相場でした。
☆10:00売り
9:54の先行スパン2へのタッチと遅行スパンの陰転を根拠にエントリーしても良かったのですが、9:50のローソクがないぐらい見送られている状況では、僅かな買い注文でも値が上がってしまうので、見送りとするのが妥当でしょう(エントリーすれば勝てていましたが・・・)。事実9:59にはかなり値を戻しています。
☆補足
日本が休日の午前中は、無理にトレードしない方がいいでしょう。

5月7日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130507.jpg
☆9:50買い
雲が陰転中でしたので見送りでした。結果だけ見るとギリギリエントリーで勝てていますが、9:40~9:44に勢いよく下げているので、ここで買うのは無謀でしょう。
☆10:00売り
雲と遅行スパンが陰転中で売ってよいタイミングでした。また、9:50~9:54にかけて高値を切り下げており、これも売りの判断材料でした。しかし、実際には9:55~9:58にかけてレートが上昇し負けトレードになっています。9:58、9:59が売りのタイミングでした。また、9:40~10:00にかけてダブルボトムのチャートパターンになったことも9:55以降レートが上昇した要因です。

5月8日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130508.jpg
9時台は久しぶりの上昇相場でした。
☆9:50買い
9:42頃がエントリーポイントでした。9:43の-2σタッチ辺りがベストでした。
☆10:00売り
9:53:00時点でボリバンが横向き、かつ、9:50~9:52の値動きが少なく上ヒゲで上値が抑えられていると判断できましたので、ここがエントリーポイントでした。9:58に雲が転換し逆指標となって一旦レートが上がりましたが、影響のない範囲でした。

5月9日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130509.jpg
この日の9時台の相場は黄色のトレンドライン(詳細は後述)で上値を抑えられた三角保ちあいになりました。ロウソク足同士の重なりが非常に多く、乱戦であったことが読み取れます。
☆9:50買い
ルール上は雲が陰転しているので見送りです。むしろ、9:42頃に売りエントリーできる相場でした。
☆10:00売り
9:55:00の底から値を戻してきました。9:53の先行スパン2へのタッチでエントリーすれば勝てていますが、9:54~10:00の間、横向きで乱高下しており、見送った方が無難に思えます。
5月9日のドル円15分足です。9:00、10:00に縦線を引いています。
20130509m15.jpg
黄色の太線が1分足に表示ているトレンドラインです。結局、10:30に三角保ちあいを下にブレイクしました。

5月10日のドル円1分足です。9:00、9:30、9:40、9:45、9:50、9:55、10:00に縦線を引いています。
20130510.jpg
この日の9時台は、前夜のNY高値を更新して101円をトライする展開で始まりました。
☆9:50買い
9:41頃にエントリーも考えたのですが、雲が薄くなってきていたので様子を見ていると、9:43に雲が陰転しましたので見送りとなりました。結果的には、9:40を底として9:54まで101円をトライする展開になりました。雲は陰転しましたが、雲の形が斜め上を向いており、下降トレンドの雲ではなかったということです(5分足を見ると上昇した理由が分かります。下図参照)。
☆10:00売り
9:50以降も強い上昇が続くとともに雲が薄くなってきたので注意してみていると、9:53に雲が陽転しました。このときは遅行スパンもすでに陽転していましたので、強い買いシグナルとなりますが、雲の陽転時にレートが雲からかなり離れており逆指標となっていましたので、9:53、9:54の高値で売りエントリーできました。結果は9:55から急激に下落を始め、10:00には先行スパン2を割り込むレベルまで下落しました。なお、雲転換時に逆指標となった場合、大抵は先行スパン2まで値を戻しますので、トレンドに従ってエントリーしようとする場合は先行スパン2タッチまで待つ必要があります。
5月10日のドル円5分足です。9:00、10:00に縦線を引いています。
20130510m5.jpg
5分足では、9:40の底値が先行スパン2で支えられており、そこを押し目の底として反転したことが分かります。異なる時間軸で雲の陰陽が食い違っている時、どちらを優先するかは難しい問題ですが、トレンドに従ってエントリーしようとするときは上位時間軸、トレンドに逆らってエントリーしようとするときは下位時間軸に従うとよいように思えます。この場合に当てはめると、5分足は上昇トレンドなので、買いは5分足を基準、売りは1分足を基準として考えるということです。

ドル円仲値決め前後のHIGH LOW MAJOR取引ルール

今週の教訓を取り入れました。
雲の陰陽と同時に遅行スパンの陰陽もきちんと見る。絡んでいるときは安易にエントリーしない。逆に雲と遅行スパンの陰陽がそろったら、確定前でもレートが雲に接近していればエントリーしてよい。

☆9:50買い
雲が陰転しているときは見送る(例外なし)。雲が陽転中であれば、9:40ごろにエントリーポイントが現れることが多い。9:30以降にエントリーチャンスを探し、有利なレートであれば締め切り時間を気にせずエントリーする(早くエントリーして雲が陰転したら権利放棄で損を小さくする)。ギリギリエントリーは青色スパン上向きのときに限る。 エントリーするときは、直近安値、雲との位置関係(離れすぎはNG)、ボリバン内の位置(+2σ付近は危険)を意識する。ただし、雲が陽転中でも薄いときは、遅行スパンが陽転中でなければ見送りとする

☆10:00売り
9:50以降にエントリーする。
雲が陰転中のとき、9:50以降の相場の動きが小さければ、9:53:00にエントリーする。エントリー前に長い陰線が出たら諦める。
雲が陽転中のときは、レートが雲より上に離れている、かつ、ボリバン+1σ以上のとき、エントリーする。ただし、先行スパン1、センターライン、ボリバンアッパーラインが上向きのときは、上昇力が強いので見送りとする(逆張りなのでボリバンアッパーラインは横向きが必要)。

☆特記事項
東京時間午後に重要指標(日銀政策金利など)発表を控えていて、相場全体が様子見のときはトレードしない(2013/4/26のように値動きの癖が全く出ないため)。
8:50の指標発表をトリガーに大きく動いた時もトレードしない方がよいと思われる(まだ具体例はないが、相場が非常に不安定になっているため)。

FX業者(1000通貨可能)

外為ファイネスト MT4採用の国内FX会社の中でも、スプレッド狭さでは上位にランクイン

外為ファイネスト 口座開設
 外為ファイネスト インジケータ3本まとめてプレゼント タイアップキャンペーン 外為ファイネスト MACD-Stoc_v1_USDJPY タイアップキャンペーン 外為ファイネスト 選べるカコテン3点タイアップキャンペーンEURJPY

OANDA JAPAN MT4スプレッド最安値水準・オートチャーティストが使える・メジャー通貨ペアではスプレッドの優位性がある・NY終わりで日付が切り替わる
OANDA JAPAN 口座開設 OANDA JAPAN×タイアップキャンペーン☆WhiteBear Z EURJPY☆プレゼント

アヴァトレード・ジャパン スプレッドが基本的に固定なのがうれしい
アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設 アヴァトレード・ジャパン株式会社 カコテン iOsMA (type DI) EURAUD タイアップキャンペーン アヴァトレード・ジャパン株式会社 MACD-Stoc_v1_USDJPY タイアップキャンペーン


FXTF×ForexSolidタイアップキャンペーン


ヒロセ通商のLION FX 1万通貨未満、1万通貨以上の区別が全くなく、一つのポジションに複数の決済注文を組み合わせて設定できるなどトレードもやりやすいです。トレード用のアプリケーションWindows版(.Net版)がスーパーボリンジャー、スパンモデルをサポートするようになったのが◎。銀行営業日の9:30~14:30はリアルタイム出金出来ます。FX口座を銀行口座のように使えるのでこれが一番気に入っています。
ヒロセ通商のLION FX

JFXマトリックスレーダー システムはLION FXとほぼ同じ。約定はこちらの方が速い感じがする。
マトリックスレーダー

マネーパートナーズ 100通貨単位、スプレッド狭い、雇用統計でもスプレッド不変
マネーパートナーズ

SBIFXトレード 毎朝7:00に「今日はこれでしょ!」というメールが来る。経済指標の一覧表(特に重要なものは過去グラフも)が載っていて重宝している。


みんなのFX

外為ジャパン

FXプライム

FX業者

GMOクリック証券 スピード注文はマウスボタンを押したときに注文が入るので(普通はボタンを押して放した時)、スキャルピングに打ってつけです。
GMOクリック証券

FXトレード・フィナンシャル 高速FXというMT4ではない普通の口座でオート・チャーティストが使えます。実は高速FXでは実運用していなくて、トレードのネタを探すときに見ています。
FXトレードフィナンシャル



マネックス

システムトレード

セントラルミラートレーダー 充実したストラテジとサポートツールで24時間いつでシステムトレード
■ストラテジのインポートとエクスポートができるMTP機能を搭載
■パソコンオフでも24時間稼働しつづけるサーバー型システムトレード
■ストラテジ選びをバックアップするWebサイト「シストレ広場」
セントラルミラートレーダー

トレイダーズ証券「みんなのシストレ」 ここが凄い! ①優秀なトレーダーを選んでコピーする ②安定した収益を実現させる ③初心者でも安心の100通貨単位での取引 ④パソコンを閉じていても24時間、自動的に取引が行われます ⑤テクニカル分析や情報の収集などの複雑作業が必要なくなります
今なら「5000円キャッシュバックキャンペーン実施中」
トレイダーズ証券「みんなのシストレ」

インヴァスト証券 シストレ24 Myシストレという独自のポートフォリオ管理ツールがある。もちろんミラートレーダーも使える。インヴァスト独自のストラテジーがあり結構優秀。
インヴァスト証券シストレ24

トライオート

バイナリーオプション

スポーツブック投資ノウハウ

下手にFXやバイナリーをやるよりは確実にお金を増やせる方法です。口座はドル建てになりますが、日本語サポートのあるブックメーカーもあります。
~勝利の法則~
対象とするスポーツはバレーボールです。勝率がすごいです。その代わり1回あたりの利回りは低いです。1月に15~70試合ぐらいベット可能だそうです。メール配信もしてくれます。安定性を重視する方には絶対にお勧めです。

スリーミニッツキャッシュ
二つのブックメーカーのオッズ差を利用して確実に利益を出すアービトラージ手法です。投資方法としては確実ですが、アービトラージシグナルにお金を払い続ける必要があります。また、アービトラージは発生しても短時間で消えてしまうので、のんびりした人には向きません。

超確率投資法!Bookie of Lights 2nd Edition
テニスが対象です。ますノウハウに従って、試合を勝率と利回りに応じてランク分けします。なので、利回りは低いが高勝率な試合だけに絞るとか、勝率は多少落ちても利回りの高い試合にベットするとか、自分の投資スタンスに合わせることが可能です。



閲覧カウンタ・ランキング

にほんブログ村 為替ブログへ 

カテゴリ
fx-onと美女為替の現在の為替が分かるバナー
新着情報
世界中のヘッジファンドや銀行トレーダーが注目していた
伝説の男 志摩力男の実戦リアルトレード
志摩力男の実戦リアルトレード


『既製の』分析にとらわれることなく、独自視点のアプローチ
荒野浩の『テクニカル・ルームから』
荒野浩の『テクニカル・ルームから』


運用の過程、分析を投資家の皆様に
江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー
江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー


トレンド相場でドカンとゲット。新発想のテクニカル・裁量トレードサインツール・エントリー&エグジットサイン(アラート・メール可)。売買サインロジック解説と、勝ちやすい相場を見分ける分析手法も付属。
トレンド相場でドカンとゲット。新発想のテクニカル・裁量トレードサインツール・エントリー&エグジットサイン(アラート・メール可)。売買サインロジック解説と、勝ちやすい相場を見分ける分析手法も付属。
トレンド相場でドカンとゲット。新発想のテクニカル・裁量トレードサインツール・エントリー&エグジットサイン(アラート・メール可)。売買サインロジック解説と、勝ちやすい相場を見分ける分析手法も付属。 | fx-on.com

順張り 損小利大 大きな相場は確実に勝利 実現利益重視
最大4ポジションで損益安定化
トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅲ型
トレンド・サーファー EA Ⅲ型 最大4ポジションで損益安定化
トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅲ型 最大4ポジションで損益安定化 | fx-on.com

FXサバイバル・トレーディング・システム#04 
エントリーサイン(SL・TP含む)が出る裁量補助ツール(アラート・メール可)
FXサバイバル・トレーディング・システム#04
FXサバイバル・トレーディング・システム#04 | fx-on.com

MACDアラート付き+ボリンジャーバンド拡張版+トレンド・アナライザー+Pivot
MACD(4種類のアラート・メール可能)トレードシステム
MACD(4種類のアラート・メール可能)トレードシステム
MACD(4種類のアラート・メール可能)トレードシステム | fx-on.com

5分足チャートで5分足~日足の半値線と遅行スパン・雲を確認できる
「マルチタイム半値チャート」
5分足チャートで5分足~日足の半値線と遅行スパン・雲を確認できる「マルチタイム半値チャート」
5分足チャートで5分足~日足の半値線と遅行スパン・雲を確認できる「マルチタイム半値チャート」 | fx-on.com

上位時間軸ボリンジャーバンドで大局を観つつ、雲転換とスパン2タッチで優位性のあるトレード
「雲アラート+上位時間軸ボリンジャーバンド」トレードシステム
「雲アラート+上位時間軸ボリンジャーバンド」トレードシステム
「雲アラート+上位時間軸ボリンジャーバンド」トレードシステム | fx-on.com

究極のトレードを極めるフルサイントレード!
Ask_Ultimate_影武者/MAX  順張り・逆張り 極め7点セット
Ask_Ultimate_影武者/MAX  順張り・逆張り 極め7点セット | fx-on.com
Ask_Ultimate_影武者/MAX  順張り・逆張り 極め7点セットAsk_Ultimate_影武者/MAX  順張り・逆張り 極め7点セット | fx-on.com

Askシリーズの最強版!
Ask ver1.0/Ask_Ultimate MAX プレミアム8点セット!
Ask ver1.0/Ask_Ultimate MAX プレミアム8点セット! | fx-on.com
Ask ver1.0/Ask_Ultimate MAX プレミアム8点セット!Ask ver1.0/Ask_Ultimate MAX プレミアム8点セット! | fx-on.com

勝利の方程式インジケータソフトが完成しました★W-Formula-manual★最高です
最高の勝利の方程式インジケータソフトが完成しました★W-Formula-manual★です
最高の勝利の方程式インジケータソフトが完成しました★W-Formula-manual★です | fx-on.com

月1000PIPS目前!短期も中期も長期でも矢印で利益を出す事に成功したインジソフトです!
矢印で利益確定・最高の利益・Maxim90%profit「Maximum profit indicator soft」
矢印で利益確定・最高の利益・Maxim90%profit「Maximum profit indicator soft」 | fx-on.com


【特典】特別動画3本付き!!
【基礎編】新バイナリ―オプション攻略法
【基礎編】新バイナリ―オプション攻略法 | fx-on.com



ドラゴン・ストラテジーFX
5分足チャートのみで、長期のトレンドの強弱を把握し、エントリーシグナルを出してくれるデイトレサインツール。エグジットも明確。


【クロトレ】クロスライントレーディング
ドル円と日経225の相関性から売買タイミングを導き出すサインツール。勝率81%!


One Minute's FX TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFX
相場の王道とは対極をなす手法で、世界5位、日本人1位、
年間10000pipsはすごい
評価記事はこちら

特典「システムトレードのルールを守る上で大切にしているマインドとは」付き

【The Secret FX】インジケーターは一切不要!わずか4パターンだけで利益を狙う!ザ・シークレットFX


秒速スキャルFX
1分足で瞬間利益。まるでゲーム感覚で楽しみながら利益を生み出す、 いま大きな話題の、新しいFXのスタイル「秒速スキャルFX」
秒速スキャルFX


金融資産1億円以上を本気で目指す!サヤ取り投資クラブSIGMAプラチナ会員

金融資産1億円以上を本気で目指す!株式・FX投資顧問サービス


TRADE x TRADE

お薦め書籍など
▼スパンモデル・一目均衡表関連

マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム(DVD特典付)

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法 柾木 利彦

勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 柾木利彦

最強の「FX理論」を君たちに教えたい アンディ

17時からはじめる東京時間半値トレード アンディ


▼エリオット波動

FXチャート分析 マスターブック FX エリオット波動 実践投資術 (FXチャート分析マスターブック)


▼その他

Maestro FX 佐野裕

本格的FX投資メソッドを求めるすべての初心の方へ FXビクトリーメソッド【ベーシック版】 佐野裕

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版 佐野裕

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 今井 雅人

井手式7daysFX 井手慶之
評価記事はこちら

FX革命DX FX-Jin

【支持されて3周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版 FX-Jin
評価記事はこちら

バツイチ&3人の息子を抱えるシングルマザーが編み出した 給料分を稼ぐ、超シンプルFX! ボリ平

えつこ×ザイFX!のFXは「待つこと」が一番大事!

FXで月100万円稼ぐ私の方法 鳥居万友美

FX最強チャート GMMAの真実 陳 満咲杜

5万円から再スタートして月の手取り100万円を実現した方法「パリス昼豚の5万円FX」

トレンドハンターFX
世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!



▼MT4プログラミング
FXメタトレーダー実践プログラミング (現代の錬金術師シリーズ) 豊嶋久道

▼セミナー視聴
セミナー|e時間をスマートに efx.com

自分で書籍などを探すときはこちら


fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー
関連情報
よく見るサイト
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

FXサバイバル

Author:FXサバイバル
元システムエンジニア、今はトレードで生計を立てている個人トレーダー。空なる想いで相場を観ていると売買ポイントは自ずと見えてきます。
情報処理技術者(プロジェクトマネージャ、システムアーキテクト、情報セキュリティスペシャリストなど)
この他、行政書士、社会保険労務士の資格を持つが未登録。
元々は理系出身。


学生のころ、奨学金とバイト収入を元手に、現物株を取引して生活していました。その後、相場からは離れていましたが、2012年夏ごろからFXバイナリーオプションで再び相場を張り始めました。2013年夏ごろからはバイナリーオプションよりも普通のFXトレードをメインにしています。デイトレ(短い時間足による裁量トレード)は年齢のせいか少々きついので、EAを開発してみたが利食いが上手くできず、開発は中断しています。結局、一目均衡表とそれをベースにしたマーフィーさんのスパンモデル、アンディさんのモグラトレードを主に使ってトレードしています。その他に井手さんのゾーントレード、FX-Jinさんの恋スキャ、TAMURA式・1分足トレード法 One Minute's FXもトレードに活用しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新情報